カフェへの転職ってどう?

カフェもしくは喫茶店やコーヒーショップと呼ばれる職場に転職する方法は簡単に言って2つです。
一つは自分でカフェを経営するというルート。
もう一つが既存のカフェに店員やマネージャーとして就職するルートです。
既存のカフェに就職するルートは、チェーン店か個人経営のお店かでかなり条件が変わってきますし、一般の店員か、店長候補・マネージャーとしての採用なのかでもかなり業務が変化します。
カフェでの業務の基本は接客と調理、レジ・会計の類になります。
既存店舗でカフェ業務へのお応募を行う場合、一般店員なのか、店長に類する役職で募集しているのかで採用基準が大分変わってきます。
店長・マネージャー待遇の場合は、上記接客の資質に加えて、マネジメント能力が重要になってきます。
カフェバイトランキング