クレジットカードの延滞に注意

住宅ローンの借り換えをする流れとして、大きくは申し込み→仮審査→本審査→契約という流れになります。
この仮審査の時点で落ちてしまう方も少なくないです。
理由としては、勤続年数が3年以下である場合、他社からの借入れがある場合、年収、クレジットカードの支払いの延滞などがある方は仮審査の時点で落ちてしまう場合があります。
なので住宅ローンの借り換えを検討している方は、是非こうした点に注意して最低でも勤続年数は3年は必要ですのでそれ以下の方は一年後あるいは条件を満たすまで待つ必要があるでしょう。
審査の結果については銀行に問い合わせても応じてくれないことが多いので、是非申し込みをする前に確認しておきましょう。