クレジットカード審査での本人確認は犯罪収益移転防止法によるもの

日本国内のクレジットカードは、規制をいろいろな法律でかけられています。
大変な損害が出ることが、お金を扱うことですので何かの弾みで問題が発生するとあるかもしれないからです。
国内のクレジットカードでのショッピングは割賦販売法で、キャッシングやローンについては貸金業法が適用されます。
加盟店との契約で顧客にサイン以外は書かせないようにという決まりが、クレジットカードを使う時にはあります。
電話番号などを書く必要はありません。
クレジットカードの審査では、国内では本人確認書類や複写を必ず提出することになっています。
犯罪収益移転防止法にするものです。
クレジットカードの本人チェックが細かいのは、暴力団やテロ組織がマネーロンダリングをすることを防ぐ意図があります。
最低でも5~10年は、過去に返済に関するトラブルを起こしたことがあるという人は、新規のクレジットカードを作ることは不可能だといわれています。
記憶に新しいところでの国内のクレジットカードに関わる法律については、2010年6月に適用された利用限度額の規制です。